平和のために私たちにもできることがある

 日本平和委員会は、北海道から沖縄まで全国47都道府県で、草の根から平和を創るために活動しているNGO(非政府組織)です。地域や職場、学園にいる3人以上の会員で作る基礎組織が全国に約500あり、約1万8000人の会員がいます。
 当会は、「思想・信条・政派の違いをこえて、規約に賛同する個人をもって構成される個人加盟の団体」(規約第4条)です。1人ひとりの自発的な思いこそ、平和を守り、つくる力の土台だと考えています。
 「平和について学びたい」「平和のために何かしたい」という一人ひとりの思いを出発点に、学習会やフィールドワーク、署名や企画・パフォーマンスなど、話し合いながら多彩な活動をすすめています。
 また、他の労働組合や民主団体などと協力し、毎年、原水爆禁止世界大会(夏)や日本平和大会(秋)といった全国規模の平和イベントも開催しています。
 さらに、外国軍事基地撤去国際ネットワークへの参加、外国の平和運動・基地反対運動と交流するスタディツアーを独自に企画するなど、世界の人々と手をつなぐ活動も行っています。

 
●目 的

 日本平和委員会の目的は、「あらゆる人々の平和の願いをもとにし、戦争と侵略の政策、すべての他民族支配に反対し、日本と世界の平和の確立に寄与すること」(規約第2条)です。
 21世紀の今日は、国際的には、核兵器廃絶、国際紛争の平和的解決、民族自決権擁護、外国軍事基地撤去・軍事同盟解消を、国内では、憲法9条守れ、非核3原則の厳守、米軍基地撤去・日米軍事同盟解消、侵略戦争の反省と戦後補償の実現などが大切なテーマと考えて活動しています。

 
●歴 史

 日本平和委員会は、1949年に生まれました。
 アジアの人々2000万人、日本国民300万人の命を奪った日本による侵略戦争(アジア・太平洋戦争)のあと、私たちの先輩は、“戦争はもう繰り返さない”と誓い、その思いは日本国憲法9条に結実します。
 しかし、アメリカとソ連を軸とした「東西対立」が強まり、再び戦争の匂いがたちこめるようになります。こうしたなか、1949年にパリとプラハで平和擁護世界大会が開かれ、日本においても平和擁護日本大会が開催されました。この大会を契機に「日本平和をまもる会」(現在の日本平和委員会)が結成されました。以来、市民の手で草の根の活動をすすめています。

●発行物

 日本平和委員会は、情報の提供や交流のために「平和新聞」(月3回発行・400円)と月刊誌「平和運動」(月1回250円)を発行しています。郵送や手配りで届けます。また、重要な問題については、パンフレットを発行したりDVDを作製するなどして知らせる活動をすすめています。

●役 員

 ■ 代表理事……畑田重夫 内藤功 佐藤光雄 住吉陽子 有馬理恵
 ■ 事務局長……千坂純

●事務所

 〒105−0014
 東京都港区芝1−4−9平和会館4階
   → 地図MAP
 TEL 03−3451−6377
 FAX 03−3451−6277
 E−Mail
 info@j-peace.org
 HP http://j-peace.org

●日本平和委員会の規約

    → 規約 (PDF)